学校法人桑沢学園 Webサイト

学校法人桑沢学園 行動規範

この行動規範は、我々学園の役員及び教職員等関係者が常に遵守しなければならない倫理的な判断基準を定めたものです。我々はこの行動規範をもとに、社会的良識を意識した行動を取り続けます。

行動規範
  1. 「建学の精神」、「本学の使命」、「教育の理念」を実現するため、教育、研究及び社会貢献活動と学園の発展に取り組みます。
  2. 大学資産及び外部資金を公正かつ効率的・効果的に管理し、正当な業務目的にのみ使用します。
  3. 一人ひとりの人権と人格を尊重し,差別,偏見及びハラスメントに関する行為は行いません。
  4. 法令及び学園の諸規則を遵守するとともに、高い倫理観と学園の一員としての誇りを持って行動します。
  5. 学修環境や就業環境が常に快適となるよう改善に努めるとともに、良好な人間関係を築くように努めます。
  6. 社会が必要とする情報を積極的に発信し、学園に対する理解や信頼の確保に努めます。また、業務上知り得た個人情報等重要情報は適切な管理を行います。

ガイドライン

このガイドラインは、「学校法人桑沢学園行動規範」を理解し、実践するに当たり、学園の役員及び教職員等関係者が遵守すべき基本理念と指針、領域として示したものです。

1.基本理念

学校法人桑沢学園は、法律・規制の遵守はもとより、社会に対して責任ある倫理的な行動をとりながら、教育活動を推進することを基本理念とします。

学校法人は、組織の有する「人材育成力」、「研究知識とその成果」を多様なかたちで還元し、貢献していくことを社会から常に求められています。
そのような期待に応えていくために学校法人桑沢学園は、東京造形大学並びに専門学校桑沢デザイン研究所における「建学の精神」、「本学の使命」、「教育の理念」などをもととし、教育や研究を中心とした多岐にわたる活動を行っていく必要があります。
学校法人桑沢学園に所属する皆さんには、この「学校法人桑沢学園行動規範」を常日頃より意識し、諸活動の実践に努め、法令や学園の諸規則はもとより、高い倫理観と誇りを持って、日頃の業務に取り組んでいただきたいと考えています。

2.指針

学生・保護者、教職員、取引会社、地域等のすべてのステークホルダーに対して、公平、健全、尊重、誠実に基づいた指針のもと実行を行うものとします。

コンプライアンスは、「法令遵守」という意味で使われることが多いですが、それだけではなく、学園の諸規則や社会規範、倫理観等を含む概念と捉えられます。
学園に所属する皆さんは、法令及び学園や大学、研究所が定める諸規則を遵守するとともに、公平、公正かつ誠実に職務を遂行し、教育研究活動に携わる者としての責任感を持って適切に行動することが大切です。
学生や教職員等一人ひとりが「人格」、「人権」、「安全と健康」を守り、節度や良識をもって誠実に対応し、明るく風通しのよい学修環境や職場環境を整えていくことを意識していただきたいと考えています。また、勤務時間外であっても学園の信用を貶めるような行為は慎むよう意識することが重要です。
さて、昨今、高等教育機関においては「人権の侵害(ハラスメント行為も含む)」、「研究費の不正流用」、「論文の盗用」、「ソーシャルメディアによる機密情報の漏洩や他人または組織に対する誹謗中傷」など、コンプライアンスに違反する不適切な事象が数多く発生しています。
このような不公正な行為を行うことは、その組織に対して問題解決と再発防止に多大な時間と人的経営的資源をかけてしまうことになること、さらにはその組織や組織に所属する、学生や教職員等の社会的信用をも失墜させてしまうことになることを、我々は強く認識しておかねばなりません。どのように活動することが健全であり適正なのか、常に意識して対応することが求められます。
以前からの慣習によって行ってきた業務も、法令の改正や社会規範の変化などによって、コンプライアンス違反となってしまうこともありえます。
我々は常日頃よりコンプライアンスに違反していないかどうか、自分の行動を第三者の視点から見つめ直していかなければなりません。法令や学園の諸規則、社会規範などによって禁止されてはいないものの「その行為は社会的良識に反していないか」と、立ち止まって考えることがコンプライアンスを正しく実践できているかを確認するための重要なポイントです。

3.領域

コンプライアンスにおける領域を、財務、取引、人格、労働、情報として定めて運用するものとします。

財務 ・・ 適正な会計処理、健全な財務処理、正確な経営情報の開示など
学園の資産や各種の研究費や助成金等の資金を適切に管理し、適正な執行に努めなくてはなりません。
とりわけ、正確な経営情報の開示は、ステークホルダーに対する説明責任を果たすうえで重要であり、学園が社会からの信頼を得るためにも透明性の確保に努めなくてはなりません。

取引 ・・ 公正な競争環境の確保、利益相反の防止など
不正取引、贈賄、贈答と接待、着服などといった学園の名誉や信用を傷つける行為を行ってはなりません。
法令や学園の諸規則を遵守し、公正な取引を行うことに努めるとともに、教育や研究に関する教職員等としての義務よりも、自己又は第三者の利益を優先させる行為を行ってはなりません。

人格 ・・ 差別の禁止、人権の保護、多様性の尊重など
一人ひとりの人格及び人権を尊重し、人種や国籍、信条、宗教、年齢、性別、社会的身分などに基づく差別やプライバシーの侵害行為を行ってはなりません。
全ての教職員が学生等も含め、一人ひとりの多様な価値観、個性、人格に配慮し、尊重し合いながら共生するための行動をとらなければなりません。

労働 ・・ 安全・安心な職場環境づくり、雇用機会の均等など
安全衛生に関する意識を高め、学園の教職員等や学生の安全と心身の健康を守り、快適な学修や就業に取り組める環境づくりを推進します。
また、男女共同参画の推進とそれを可能にするため、ワークライフバランスが実現し、男女が安心して生活できる環境を目指します。

情報 ・・ 情報漏洩の防止、情報の透明性、不適正な投稿防止など
正確な経営情報や教育研究活動の情報を積極的に公開する一方で、学内外からの不正アクセスによる情報漏えいなどの危険から情報資産を保護し、組織的に防御策をとらなければなりません。
また、教職員等は業務上知り得た学園の秘密情報(教職員等や学生の個人情報や学園の経営情報などの様々な情報資産)は厳重に管理し、外部に漏洩したり、本人の意図しない用途に使用してはなりません。
さらには、学園または学園を取り巻くステークホルダーについて、匿名であってもソーシャルメディアにおいて誹謗中傷や名誉、社会的信用を損なうような不適切な発信をしてはなりません。

附則

この規範は、令和2年9月1日から実施します。

この規範に反する行為により、学校法人桑沢学園の名誉や信用を傷つけること、さらには教職員・学生ほか学園に所属する者全体の不名誉となる事態または学園の業務に支障をきたす事態を招いた場合には、「学校法人桑沢学園東京造形大学就業規則」または「学校法人桑沢学園専門学校桑沢デザイン研究所就業規則」その他、関係諸規則に則って対処します。


コンプライアンス通報に関する相談受付窓口について