学校法人桑沢学園 Webサイト

理事・監事紹介

理事紹介

 写真
 山際 康之
 学校法人桑沢学園 理事長
 東京造形大学 学長


 桑沢学園創立者の桑澤洋子は、開学にあたり、社会に顕在化していた「人間と機械」、「美術と技術」、「精神と物質」といった対立概念を統合して、新しい時代の生活様式や精神風土の創造を推進することを表明しました。
 その志はいまもかわりなく、社会の皆様、卒業生の皆様、そして多くの関係者の方々によるご支援、ご協力をいただきながら、桑沢デザイン研究所と東京造形大学の二つの教育機関を運営してまいりました。
 バトンタッチした私たちは、先人たちの建学の精神を受け継ぎながら、さらなる発展を目指して社会の貢献へ取り組んでまいりたいと考えております。
 今後とも一層のご支援とご協力をお願い申し上げます。
桑沢学園理事長 山際 康之




写真
 工藤 強勝
 専門学校桑沢デザイン研究所 所長
 デザイン実験室 主宰

写真
 田口 浩一
 学校法人桑沢学園 理事長付
 この度、桑沢デザイン研究所 所長と桑沢学園の理事に就任しました。「大学と研究所」二つの教育機関の運営に携わることになり、大変な重責と受け止めております。40年余り培ってきたデザインの実践と20数年の大学教育の経験を生かし、貢献してゆきたい精神です。




 本学園に集うデザインや造形教育を学んでみたい、学びたい、学び続けたいと想っている多くの人たちにとっての魅力ある学園づくりに努めて参ります。
 感性と創造力を育むデザインや造形教育は、AIやロボットが台頭する未来においても、文化、芸術分野の発展のためには欠かせないものであると考えます。


写真
 田中 清利
 学校法人桑沢学園 内部監査担当
写真
 小関 潤
 専門学校桑沢デザイン研究所 教育職員

 桑沢デザイン研究所と東京造形大学はデザインと美術の教育を通して沢山の人とつながっています。設立者桑澤洋子先生の「概念砕き」の言葉のもと、活気ある創造する場でありたいと考えています。



 東京造形大学と桑沢デザイン研究所、それぞれが築いてきた伝統と実績を大切にしながら、さらに独自の存在価値を高め、積極的に情報を発信していくことが大切だと考えています。



写真
 森 まさあき
 東京造形大学 副学長
写真
 生嶋 順理
 東京造形大学 副学長
 桑沢学園の「研究所」「大学」そして「大学院」という総合的な環境が、日本の未来の「造形力」の源となり、エネルギーに溢れた新鮮で魅力ある「学びの場」となるよう、理事の一員として真っ直ぐに取り組んでいきたいと思います。


 現代の美術表現では、専門への求心的な深まりと共に人や社会との関係性が重要な観点となっています。このような時代に向けて、研究所と大学という二つの教育機関を持つ桑沢学園の独自性を活かし、その役割を担う学園の新しい時代をみなさんと一緒に作っていきたいと思います。


写真
 大迫 修三
 JAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)事務局長

写真
 大橋 正芳
 東京造形大学 名誉教授
 長い歴史をもつ、桑沢学園に理事として関わらせていただくことに緊張しております。学校運営はまったくの素人ですが、デザイナー・プロデューサーとして、デザインの周辺で培ってきた経験を、この学校教育の中でも少しでもお役に立てればと考えています。どうぞよろしくお願いします。




 東京造形大学で学び、教員として永く勤めてきましたが、改めて学園のために働くこととなりました。自身の過去に拘泥せず、若い人材の創造を支えたいと思います。世界の動きに遅れることなくしかし慌てることもなく、足元を見据えながら学園の目標を実現するために尽力いたします。




写真
 佐藤 竜平
 専⾨学校桑沢デザイン研究所 教育職員

 社会や業界が大きく変化したこの20年、桑沢デザイン研究所でデザイン教育の企画と実践に携わってまいりました。そこで得た教育現場の感覚を生かしつつ、経営陣のひとりとして責任を果たしてゆく所存です。


監事紹介

写真
 白井 徹
 弁護士
 木村・佐生・奥野法律特許事務所
写真
 古山 正文
 公認会計士・税理士
 古山会計事務所
 本学が「社会をつくり出す創造的な造形活動の探求と実践」の場、「未来へ向かっての人間の精神的・物質的両面からの要求に応える人材の育成」の場であり続けるべく、監事の職責を果たしてまいりたいと思います。



 デザイン及び造形に関する教育機関として、伝統と歴史のある学園の監事をさせていただくことは大変な名誉であります。今まで自分が培ってきた会計・税務の知識や経験を、学園の今後益々の発展そして永続的な存在に向けて貢献するべく、最善を尽くしてまいりたいと思います。