学校法人桑沢学園 Webサイト

一般事業主行動計画

次世代育成支援対策法に基づき,仕事と子育ての両立に必要な雇用環境の整備を進めるため,本学園において『一般事業主行動計画』を策定しました。

学校法人桑沢学園 一般事業主行動計画

内容

教職員の一人ひとりが仕事と子育てを両立することができ,働きやすい雇用環境を作ることにより,その能力を十分に発揮できるよう次の行動計画を策定する。

計画期間

平成28年(2016)4月1日~平成33年(2021)3月31日(5年計画)

目標と対策

目標1 ワークライフバランスを図るための取り組み

<対策>
・業務執行の簡素化、効率化を進め、退勤しやすい環境を整え、月平均時間外数13時間を目標とする。
・年次有給休暇の取得を促進する。特に取得日が少ない職員については取得を推進し、一人当たりの年次有給休暇取得率70%をめざす。
・管理職は、時間外労働の削減、有給休暇の取得促進の啓発に努める。

目標2 育児休業制度及び介護休業制度の利用促進

<対策>
・両制度を周知し、利用促進を図る。
・男性職員の育児休業制度を取得しやすい環境を整える。


以上